COVID-19: We are monitoring the situation and will notify you in the event of any disruption to our services. Click here for more details.

OH NO,OH YES! feat. ひかり

Tokimeki Records

The first 7” single of Tokimeki Records, 80’s cover project is out!

The first 7” single of Tokimeki Records, 80’s cover project is out!
The singles that got a hot topic after the streaming release became an analog.
On the A side, Akina Nakamori's "OH NO, OH YES!"
And on the B side, Mariya Takeuchi's "Plastic Love".

Tokimeki Recordsは、80年代の名曲をカバーするプロジェクト。その第一弾として、R&BバンドMimeのヴォーカル、ひかりを起用し、竹内まりや「Plastic Love」と中森明菜「OH NO, OH YES!」をカバーしたのがこのレコードだ。実態はまだ謎に包まれているこのプロジェクトだが、標榜するサウンドとして打ち出しているのが「エレクトリック・シティ・ソウル」だそうだ。

シティ・ポップではなく、なぜ「シティ・ソウル」なのだろうか。
そもそも「シティ・ソウル」とは、元『bmr』編集長の小渕晃が、2010年代に起こった80年
代リヴァイヴァルとシティ・ポップの興盛という、二つの大きな流れを踏まえて提唱した言葉だった。『シティ・ソウル ディスクガイド』では、その音楽の傾向として、「制作者の深い音楽知識、リスニング体験をもとに、ソウルとジャズ、ロックなどのクロスオーヴァーにより生み出される洗練されたポップ・ミュージック」、「ヒップホップ世代にも受け入れられる、ある種のグルーヴを備えた作品」と緩やかに定義している。奇しくも、ひかりが所属するMimeの曲「This Summer」が、「シティ・ソウル」のコンピレーションCDの二作目に収録されたばかりだ。

そのMimeは、昨年にデビュー・アルバム『Capricious』をリリース。メンバーのひかりは90年代のR&Bが下地としてあり、ドラムの冨倉暢はヒップホップに影響を受け個人でもTiMT名義のビートメイカーとして活動、他のメンバーはジャズの素養もある。さらにシティ・ポップまでをも吸収しながら昇華したサウンドは、各方面で高い評価を得た。Mimeはまさに「シティ・ソウル」の定義に当てはまるバンドであり、そのヴォーカルのひかりをTokimeki Recordsが最初に起用したのは、「シティ・ポップ」以上にクロスオーバーで、よりヒップホップ以降の音を指向する意識の現れ、とも言えるのではないだろうか。

いささか遠回りをしたが、肝心のカバー曲について見ていこう。「Plastic Love」は、竹内まりやの84年のアルバム『Variety』に収録された曲だが、2017年にYouTubeに動画がアップロードされると、2500万以上の再生数を記録。さまざまなアーティストがカバーするなど、昨今のシティ・ポップ再評価の流れを象徴する曲になった。Tokimeki Recordsがプロデュースしたこのカバーでは、T-GROOVEらと共に新しいディスコ・ブギーを世に送り出してきた原ゆうまがギターで参加。シンセを強調した現在進行形のエレクトロ・ブギーなサウンドと、ひかりのソウルフルで官能的な歌声によって、原曲以上にダンサブルかつアーバンに仕上がっている。まさに「エレクトリック・シティ・ソウル」とも言うべき、決定版の誕生だ。

「OH NO, OH YES!」は、中森明菜の86年のアルバム『CRIMSON』に収録され、竹内まりやが作詞・作曲を手がけた。その翌年には、山下達郎がアレンジし、竹内まりや自身がカバーしている。Tokimeki Records版では、なんと、数々の楽曲でサンプリングされたアイズレー・ブラザーズ「Between the Sheets」を大胆に引用。バラードだったこの曲は、ヒップホップ世代のクラシックと見事にブレンドされた。

立ち上がったばかりのTokimeki Recordsだが、このシングルを聴いただけでも、80年代の曲を現代にアップデートするその手腕が確かなものだとわかるだろう。傑作と言えるカバーを生み出したこのプロジェクトがなにを仕掛けるのか、今後も注目すべきだ。
島 晃一 (Soul Matters / CHAMP)

The first 7” single of Tokimeki Records, 80’s cover project is out!
The singles that got a hot topic after the streaming release became an analog.
On the A side, Akina Nakamori's "OH NO, OH YES!"
And on the B side, Mariya Takeuchi's "Plastic Love".

Tokimeki Recordsは、80年代の名曲をカバーするプロジェクト。その第一弾として、R&BバンドMimeのヴォーカル、ひかりを起用し、竹内まりや「Plastic Love」と中森明菜「OH NO, OH YES!」をカバーしたのがこのレコードだ。実態はまだ謎に包まれているこのプロジェクトだが、標榜するサウンドとして打ち出しているのが「エレクトリック・シティ・ソウル」だそうだ。

シティ・ポップではなく、なぜ「シティ・ソウル」なのだろうか。
そもそも「シティ・ソウル」とは、元『bmr』編集長の小渕晃が、2010年代に起こった80年
代リヴァイヴァルとシティ・ポップの興盛という、二つの大きな流れを踏まえて提唱した言葉だった。『シティ・ソウル ディスクガイド』では、その音楽の傾向として、「制作者の深い音楽知識、リスニング体験をもとに、ソウルとジャズ、ロックなどのクロスオーヴァーにより生み出される洗練されたポップ・ミュージック」、「ヒップホップ世代にも受け入れられる、ある種のグルーヴを備えた作品」と緩やかに定義している。奇しくも、ひかりが所属するMimeの曲「This Summer」が、「シティ・ソウル」のコンピレーションCDの二作目に収録されたばかりだ。

そのMimeは、昨年にデビュー・アルバム『Capricious』をリリース。メンバーのひかりは90年代のR&Bが下地としてあり、ドラムの冨倉暢はヒップホップに影響を受け個人でもTiMT名義のビートメイカーとして活動、他のメンバーはジャズの素養もある。さらにシティ・ポップまでをも吸収しながら昇華したサウンドは、各方面で高い評価を得た。Mimeはまさに「シティ・ソウル」の定義に当てはまるバンドであり、そのヴォーカルのひかりをTokimeki Recordsが最初に起用したのは、「シティ・ポップ」以上にクロスオーバーで、よりヒップホップ以降の音を指向する意識の現れ、とも言えるのではないだろうか。

いささか遠回りをしたが、肝心のカバー曲について見ていこう。「Plastic Love」は、竹内まりやの84年のアルバム『Variety』に収録された曲だが、2017年にYouTubeに動画がアップロードされると、2500万以上の再生数を記録。さまざまなアーティストがカバーするなど、昨今のシティ・ポップ再評価の流れを象徴する曲になった。Tokimeki Recordsがプロデュースしたこのカバーでは、T-GROOVEらと共に新しいディスコ・ブギーを世に送り出してきた原ゆうまがギターで参加。シンセを強調した現在進行形のエレクトロ・ブギーなサウンドと、ひかりのソウルフルで官能的な歌声によって、原曲以上にダンサブルかつアーバンに仕上がっている。まさに「エレクトリック・シティ・ソウル」とも言うべき、決定版の誕生だ。

「OH NO, OH YES!」は、中森明菜の86年のアルバム『CRIMSON』に収録され、竹内まりやが作詞・作曲を手がけた。その翌年には、山下達郎がアレンジし、竹内まりや自身がカバーしている。Tokimeki Records版では、なんと、数々の楽曲でサンプリングされたアイズレー・ブラザーズ「Between the Sheets」を大胆に引用。バラードだったこの曲は、ヒップホップ世代のクラシックと見事にブレンドされた。

立ち上がったばかりのTokimeki Recordsだが、このシングルを聴いただけでも、80年代の曲を現代にアップデートするその手腕が確かなものだとわかるだろう。傑作と言えるカバーを生み出したこのプロジェクトがなにを仕掛けるのか、今後も注目すべきだ。
島 晃一 (Soul Matters / CHAMP)

read more
Coming soon
¥ 1,700
Jun 17 2020
Add to cart
Format
7” Blue color vinyl (45 rpm)

Caution: Vinyl mockups and specs may differ from the final product. Qrates is not responsible if the final product does not match expectations.
Digital download bonus
You can download digital version of tracks after vinyl purchased.
Pre-order project
This is a Pre-Order project. You will be charged immediately after completing your order. The pre-order will close once it reaches the available quantity or the project end date.
Project duration
Pre-order: Mar 31 2020 ~ Jun 16 2020
Retail release date: Jun 17 2020
Estimated shipping date
Mid-June, 2020
* Please be aware that the schedule may change depending on the situation. We will notify you the updates via email.
Shipping
Ship from London/UK
Shipping fee to United States: ¥ 1,199 ~
Tax

Tracks

Download all

ASide

1.
A: OH NO, OH YES Master (48kHz,24bit)
Tokimeki Records
04:31

BSide

1.
B: Plastic Love Cover Master (48kHz,24bit)
Tokimeki Records
04:40
Coming soon
¥ 1,700
Jun 17 2020
Add to cart
Format
7” Blue color vinyl (45 rpm)

Caution: Vinyl mockups and specs may differ from the final product. Qrates is not responsible if the final product does not match expectations.
Digital download bonus
You can download digital version of tracks after vinyl purchased.
Pre-order project
This is a Pre-Order project. You will be charged immediately after completing your order. The pre-order will close once it reaches the available quantity or the project end date.
Project duration
Pre-order: Mar 31 2020 ~ Jun 16 2020
Retail release date: Jun 17 2020
Estimated shipping date
Mid-June, 2020
* Please be aware that the schedule may change depending on the situation. We will notify you the updates via email.
Shipping
Ship from London/UK
Shipping fee to United States: ¥ 1,199 ~
Tax

Comments

link

Profile

Ff953be3 5c44 4177 973a 333b0b562666
Japan
Yutaka Takanamiを中心とした音楽プロジェクト。 2008年から活動をはじめ、国内外 数多くのレーベルからリリース。 NYをはじめ国内外での選曲活動も多岐にわたる。 SOUL,FUNK,DISCO,HOUSEといった音楽をこよなく愛する。

A music project gathering around Yutaka Takanami. Since 2008, he has been releasing many tracks via domestic and world labels. And his music activity is all over the world including NY. He loves soul, funk, disco, house music especially.
Yutaka Takanamiを中心とした音楽プロジェクト。 2008年から活動をはじめ、国内外 数多くのレーベルからリリース。 NYをはじめ国内外での選曲活動も多岐にわたる。 SOUL,FUNK,DISCO,HOUSEといった音楽をこよなく愛する。

A music project gathering around Yutaka Takanami. Since 2008, he has been releasing many tracks via domestic and world labels. And his music activity is all over the world including NY. He loves soul, funk, disco, house music especially.

Widget size

Embed code

Copy the code below and paste it into your website or blog.

Copy code

Widget preview